nintendo switch(有機elモデル)が2021年10月8日発売 37980円税込み

 

 

新型のSwitch(有機elモデル)が発売されることが発表されました。
2021年10月8日よりnintendo switchの公式ページから、入手できます。

2,021年9月24日より予約可 

また、売り切れに備えて、予約をしておきたいという方は、2021年9月24日より予約が可能です。

 

 

新型を購入するか?旧タイプか?迷ってしまうんだけど、特にお手頃なlightにすべきか?
あなたは、こんな悩みを持っていないですか?

 

どのnintendo switchにすべきかは、どう利用したいのか?利用目的の状況で、変わって来ます
まずは、基本スペックのちがいを見たうえで、利用目的との状況で、どのnintendo switchを選んだらいいのか?具体的基準を書きます!

 

nintendo switch(有機elモデル)の基本スペックと旧モデルとの違い!

画面の素材が有機ELに変わる点について

液晶モデルの旧nintendo switchと異なるのは、有機elモデルは、発光素子と呼ばれる部品が、電気を通すことで自ら光る点です。

 

液晶画面の場合は、バックライトが光ると、その光が、液晶の多くの層のパーツを通過することで、いわば光の屈折現象のような仕組みで、様々な色の光をだします。

 

光を液晶装置に通して発光させるか?電気を発光素子に通して発光させるか?の仕組みの違いがあります。

 

画面の鮮度

有機ELの場合、鮮明!
有機ELの場合、光そのものに色が、ついているので、鮮やかにみえるという特徴があります。

 

視野角の広さ

??有機ELの場合、視野角が広い!
液晶ディスプレイは、バックライトの光を利用し、色はカラーフィルター等を通して付けるという形になっています。
そのため、見る角度によって透過する光の量などが異なり、色の見え方も変わってしまうという欠点があります。
影響の少ない液晶パネルもありますが、見る角度によって色の見え方が違ってくるのは液晶ディスプレイの共通の特徴です。

 

 

それに対し、有機ELは素子自体が最初から色付きで発光する上、光の向きなどは調整されていないため、見る角度によって色が大きく変わったり見えにくくなったりする事はありません。

 

 

 

応答速度

ディスプレイは素子自体が発光するので、通電するだけで表示ができます。そのため、応答速度が速いです。それに対し液晶パネルは、液晶の配向(光を調整する準備)に少し時間が掛かってしまいます。

 

 

消費電力

有機ELは、完全な黒に対しては通電が行われない分、液晶よりも消費電力が少ないです。その差は使用状況によって異なるので、具体的に言うのは難しいですが、確実に液晶よりは省電力となります。

 

 

 

劣化度

 

他方で、有機ELの場合、発光素子に直接通電させるので、劣化するのが早いと言われています。